カードローンはリボ払いよりもお得

カードローンの返済は毎月一定額を返済していくというのが一般的であるため、リボ払いと同じような性質を持っていると思われがちです。しかし、リボ払いとの比較ではこのローンの方が総返済額を少なくすることができます。リボ払いでは毎月決まった金額を返済していく仕組みになっていますが、金利のかかり方がカードを使ったローンとは異なっています。

 

リボ払いの場合、返済金額が増えるほど金利も高くなっていくシステムになっています。したがって、リボ払いで数回に分けて支払いをしている最中にまたショッピングをして借り入れの残高が増えますと、増えた分の金利をまた1か月分から支払っていかなければならなくなります。この結果、支払う金利が雪だるま式に増えていく危険性が大きくなります。

 

さらに、リボ払いには返済期間や借り入れ総額がわかりづらいというデメリットもあります。リボ払いは消費者金融などよりも若干低い金利が設定されていることが大半ですが、返済期間が長くなることが多いため、結局その間高い金利をずっと支払っていくことになります。

 

その点、カードローンであれば返済期間を短く設定できますので、10万円の借り入れをしても1か月で返済ができれば金利負担はリボ払いよりも遙かに小さくできます。