キャッシングで必要になる書類とは

キャッシングの申し込みは昔に比べるとずっと簡単にできるようになりました。自宅にインターネット回線があれば、パソコンを使って自宅にいながらにして申し込みができてしまいます。

 

しかし、申し込みの際に様々な証明書類を提出する必要があるのは現代でも同じです。まず、本人確認書類はどんなキャッシング業者で、何円の借り入れを希望する場合でも、必ず必要になります。通常は運転免許証のコピーを提出すればOKですが、もし無ければ健康保険証、住基カードなどという代替手段もあります。

 

また、もしも、50万円以上の借り入れをしたいという場合は基本的に収入の証明できる書類を求められます。サラリーマンの人であれば給与明細や源泉徴収票などを提出することになります。自営業の人の場合は確定申告関連の公的な書類が収入証明書類として認められます。ちなみに、50万円以上で収入証明書類が必要であるというのは法律によって定められていることなので、どの業者でも共通です。

 

複数の業者から借り入れをしている人の場合は仮に50万円未満の借り入れであったとしても収入証明書類が必要になることがあります。それは、他社からの借り入れと合算して100万円を超える場合は収入証明書類が必要ということも法律によって定められているからです。

 

法律で決められていることを守らずに貸し付けを行うところは、漏れなく闇金融となります。違法な金利と取り立てを行いますので、利用をしないようにし、知らずに借りてしまっていたのであれば闇金の解決の仕方をよく読み、被害が拡大しないように解決を進めましょう。